未来を創る・・・  瀧重機土木株式会社

ICT施工対応機導入 コマツ社製

GNSSアンテナとGNSS補正情報から得たバケットの位置情報と、3次元の設計データをもとに、作業機操作をセミオート化した最先端のマシンコントロールバックホーとブレードを自動制御する最先端のマシンコントロールブルドーザーです。

バックホー0.8m3 PC200i-11 マシンコントロール マルチGNSS対応

バケットの刃先が設計面に達すると作業機が自動的に停止。微操作をしなくても、アシスト機能で刃先が設計面に沿って動くため、オペレーターは設計面の堀り過ぎを気にせずに足元まで簡単に掘削作業ができます。

ブルドーザー 14t D51PXi マシンコントロール 自動ブレード制御

オペレーターは車両を前後左右に操縦するだけで設計図通りの施工が完成します。
また、ブレード負荷が増大すると、シュースリップが起こらないように自動でブレードを上げ、負荷をコントロールします。常に抱えられる最大の土量で効率よく施工できます。